副業レビュー

Munics Bank (ミューニクスバンク) 最新投資案件は詐欺!?稼げない??評判と口コミレビュー!

こんにちは

ブログ管理人の凛太朗です。

副業で稼ぐのもメジャーになってきた今様々なオファーが出ています。

みなさんは副業を始めて今の本業の収入に加えて何か副収入の検討をしたことがありますか?

ここ最近はコロナウィルスの影響も大きく、企業や社会だけでなく一般家庭にも大きな経済的な打撃を加えていますね。

最近だと世帯主の収入源で家庭が困るというだけでなく、一人暮らしの学生も大きな影響を受けていますね。

学生機構の調査だと多くの学生がこのままだとコロナウィルスが終息しても、退学を余儀なくされると調査結果が出ているようです。

もちろん調査の内容ではありますが、学費が払えない、下宿していてそのお金が払えない、親元を離れて生活費がままならない、様々な回答があるようです。

また、就活を行う学生も今回のコロナウィルスの影響で就職先が決まらない可能性があると、学生たちにも及ぶ影響は計り知れません。

今回の経済的打撃は社会人だけでなく大きくその余波を広げるのでしょう。

そんな中社会人として働いている人だけでなく、家庭の生活を支えようと主婦や学生、一人暮らしの生活の余裕をなんとか取り戻したい独身者、今後の就職先に不安感じている学生などが、インターネットを通して行える案件やビジネスを多く探していることでしょう。

家庭を持っている方であれば、今の本業の収入と合わせて副業で副収入を増やし生活の足しに、主婦の方であれば共働きとして外にでる時間を作れないかたや、アルバイトやパート先が決まらないと新たしい共働きのスタイルとして検討している方もいらっしゃるでしょう。

学生であれば就職先が企業で決まらないのであればいっそのこと自分自身でインターネットビジネスをと検討したり、これからの学生生活を少しでも支えるため、継続するためと検討している人も多いでしょう。

このサイトでもどんな思いであれ新しく副業で副収入を検討したり、インターネットビジネスを検討している人のお手伝いができればと日々様々な案件をご紹介していきます。

さて今回お話しする案件は
Munics Bank (ミューニクスバンク) です。

今回の案件は投資案件の一つ仮想通貨の案件のようです。

果たして今回の案件は本当に稼げるオファーなのか、それとも稼ぐことができない不良案件なのか、しっかり見極めしたいと思います。

Munics Bank (ミューニクスバンク)

Munics Bank (ミューニクスバンク) コンセプト

今回の案件であるMunics Bank (ミューニクスバンク)は先ほど少し触れたように仮想通貨の案件です。

副業とひとえにいっても本業と言われる企業勤めと変わらず様々な副業があり業種のように分かれています。

そんな中でも昔から根強い人気を誇り、いまだに多くの方が副収入を得ているのが投資案件です。

また副業の種類と一緒で投資案件といっても様々な種類がり、昔からの根強い案件でいえば、株式やFXなどの投資案件ですね。

この二つに関してはやはり根強く人気があり、投資案件といえばこの二つと思う方も多いのではないでしょうか。

また新しく何かしらの副収入を得たいという方も比較的最初に思い浮かべるのがこの二つという方も多いでしょう。

新しく何かしらの案件を始めるにしても、右も左もわからない初めての案件に手を出すより、認知度と人気が高くすでに始めている方が多いこの二つの案件であれば誰かに質問ができるという安心感から初心者でも新しく始める方は多いですね。

ですが、今回のMunics Bank (ミューニクスバンク)はここ数年で人気を高めている仮想通貨案件です

仮想通貨とひとえにいっても様々な通貨や市場が存在します。

もちろんそれらによって様々な違いがあるので一概に仮想通貨といっても儲かる商材なのか、案件なのかとは言い切れません。

Munics Bank (ミューニクスバンク) ビジネスモデル 実績

今回紹介するMunics Bank (ミューニクスバンク)に関しては実績云々以前に、いい評判より悪い評判の方が大きく目立ちますね。

みなさんも調べてみれば一番に出てくるかもしれませんが、今回のMunics Bank (ミューニクスバンク)は中国で運営されているサービスのようですが、どうやら中国国内では詐欺認定されているという声も聞かれます。

中国国内では運営元の事業の方向転換があまりにも唐突で批判や不満が高まったとのことですが、それもあってか市場に大きく影響を及ぼし、一説には中国国内でのMunics Bank (ミューニクスバンク)の資金が底を尽きたとまで報道されています。

これが本当であれば今から新しく始めようならどんなに損失を被ることか計り知れませんね。

Munics Bank (ミューニクスバンク) 詳細

今回のMunics Bank (ミューニクスバンク)はもともと開かれていた事業を別会社と統合したりと人気があったにも関わらず様々な瞑想を繰り返した挙句、だMunics Bank (ミューニクスバンク)の運営元の代表が検挙される始末。

挙げ句の果てには大額の罰金を命じられ、シンガポール主要銀行からブラックリストに掲載され、そもそも取引ができなくなる始末。

現在では新たにサービスポイントを転換し、月利の高さやアプリで行える利便性をポイントに広告を出しているようですが、ここまで問題を抱えている案件はどうなのでしょうか。

Munics Bank (ミューニクスバンク) 特商法

特商法とは販売する者にとっては必要不可欠です。

何故なら消費者にとって信用性を図るための重要な確認手段の一つだからです。

特商法すらもまともに書いていない業者は安心することができませんので、必ずチェックする様にしておきましょう。

Munics Bank (ミューニクスバンク) 最新投資案件は詐欺!?稼げない??

現状、今回の案件が詐欺かどうかの断言はしませんが、公に詐欺であると言われる内容なのかどうかはわかりかねます。

現状新たに告知しているサービス内容であれば、決して悪いものではありませんが、それ以上に運営元の問題が大きくどこまで信用できるのかどうかという次元です。

ここまで公に運営元の問題が浮き彫りになっている案件もそう多くはありませんが、今回の案件ばかりは、運営が中国国内ですら詐欺案件だと騒ぐ始末。

仮に試してみるにしてもそれ相応の覚悟を持ってやるべきなのは間違いありませんね。

Munics Bank (ミューニクスバンク) 評判と口コミレビューは?

今回の案件に関してはもはや口コミや評判どころの話ではないでしょう。

仮想通貨をすでにされている方であればもはや言うまでもない案件でしょうが、今回の案件ばかりは収入もなかなか見込めない案件であり、おすすめはできな案件であるとお伝えします。

私が利用している副業を紹介

私が使用しているのはFX自動売買ツールです。

実際に副業で収入源を増やそうと考えている方は多くいらっしゃいます。

今後は会社で働くだけではお金を稼ぐことが困難な時代に来るので、それに備えた準備が必要になってきます。

今回ご紹介しているのはその一つのきっかけになればと

FX自動売買ツールの無料モニターを紹介しています。

今回紹介している無料モニターは3つの特典を提供しています。

①月利50%実績のツールが無料
②設定から運営側がサポートしてくれる
③不労所得

といった形になっています。

ですが無料モニターとして提供している理由や、実績はどれくらいなのか、稼げるのかをしっかり見ていただきたいので、

興味がある方もそうでない方も下記を一度見てみてください。

★月利50%の自動売買ツールの無料モニターの紹介は下記URLをクリック★

【先着50名様限定モニター】月利50%の実績!FX自動売買ツール(EA)の無料で提供!こんにちは ブログ管理人の凛太朗です!!! 今までFX自動売買ツールを紹介してきましたが、 今回は新しいFX自動売買ツールを紹介...

参加したい相談したい方は直接連絡を受け付けているので、下記LINE公式アカウントまで連絡してください。

友だち追加